〜生命保険の基本である「定期保険」「終身保険」「養老保険」「医療保険」「その他医療に関する保険」のご紹介〜

年代別・賢い生命保険の選び方〜30代から40代〜 

「生命保険の選び方 → 年齢・家族形態で選ぶ保険は異なる」

年齢やライフスタイル、家族構成、性別によって適した生命保険は異なります。


30代から40代の生命保険

結婚して小さな子供や専業主婦をもつ家族の場合は、死亡保障のあつい保険への加入をおすすめします。しっかりした保障がなければ、一家の主である旦那さんが亡くなった場合、生活費や養育費などに困ってしまうことになります。

まずは、今必要な保障額を再確認することが大事です。毎月かかる生活費や養育費などを加味して、いざというときどのくらいの保障が必要かを計算します。

具体的な数字を出したい場合には、直接保険会社に問い合わせてみます。

ただし、この死亡保障も見直しの時期は必ずあります。例えば、子供さんが成長し独立していくにつれて、必要となる養育費や生活費は減っていきます。

親が亡くなった時の家族に対する保障以上に、老後の自分たちを考えることが大事になってくるからです。

  目的 保険 保険の目安
結婚後

共働き
(子供なし)

配偶者が亡くなっても
生活レベルを落とさない
終身保険 500〜1000万円
(夫・妻それぞれ)
片働き
(子供無し)
残された妻の生活
保障
団体定期保険
定期保険
1000〜2000万円
(夫)
子供あり 妻と子供のための
生活保障
定期付き終身保険 上記にプラスして
子供1人
1000〜2000万円
(夫)

<オススメ商品>
オリックス生命「ダイレクト定期保険」

 

・一定期間の死亡保障をいちばん割安に確保できるかけすて型、どんな原因でも同額保障、通販向けに割安の保険料など、30〜40代が一番トクをする保険プランです。

スポンサードリンク