健康保険についてご紹介します。
 AAA 賢い生命保険の選び方ガイド          健康保険について                           
〜生命保険の基本である「定期保険」「終身保険」「養老保険」「医療保険」「その他医療に関する保険」のご紹介〜       >>制作者  



定期保険


終身保険

養老保険

■医療保険
医療保険
健康保険
船員保険
国家公務員共済組合
地方公務員共済組合

私立学校教職員救済
国民健康保険
がん保険
三大疾病保障保険
入院保険
介護保障保険


その他保険

生命保険の加入について

生命保険の基礎知識

一括資料請求

コラム

賢い生命保険の選び方

テーマ  健康保険

健康保険の被保険者やその家族が病気や怪我をした場合、健康保険を扱う病院や診療所で診療、手術、入院、薬の支給といった必要な医療をうけることができます。

会社や工場などの民間企業で働く人とその家族が加入の対象になります。

病院や診療所では、保険証(被保険者証)の提示が必要です。医療費は一部自己負担となるものの、医師から処方箋をもらえば薬局で調合してもらうこともできます。

入院や通院などの医療費の自己負担は下記のとおりです。
・被保険者      2割
・被保険者の家族  3割

1ヶ月の負担金額が規定金額である63,600円を超えた場合、 申請をすれば
「高額療養費」として戻ってきます。「高額療養費」のほか、「傷病手当」や
「出産育児一時金」、「出産手当金」もカバーしています。

療養のために続けて4日以上会社を休んでも、4日目から給料の60%を最長1年半にかけて支給してくれるのが「傷病手当」です。

保険料の計算方法は自治体によって多少異なります。基本的には前年度の収入や税金をもとに計算されています。 保険料の負担は被保険者と事業主が半分ずつ負担します。

会社を退職すると、被保険者の資格を失います。ただし、2ヶ月以上継続して加入していた場合には、任意継続というかたちをとれます。任意継続によって、退職後2年間を限度として被保険者となることができ、同じ給付額が支給されます。任意保険の場合、自己負担額はもちろん100%です。


スポンサードリンク


← 医療保険  




健康保険関連用語&情報

医療保険の種類をご紹介します。

>>医療保険

>>船員保険

>>国家公務員共済組合

>>地方公務員共済組合

>>私立学校教職員救済

>>国民健康保険




 http://seimei.hoken.cc/

Powered by CMSホームページ制作Web